コンテンツへ直にジャンプ

ロゴ:ドイツ研究振興協会(DFG) トップページへ Deutsche Forschungsgemeinschaft

DFGライプニッツ講演会「寛容」「人権」「イスラムと表現の自由」

ライナー・フォアスト教授の写真

フランクフルト大学の政治哲学者ライナー・フォアスト教授が初めて来日します。フォアストは現代政治哲学研究への影響力の大きさを高く評価され、2012年にDFGのゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ賞を受賞しました。DFG日本代表部は世界的に著名なライプニッツ賞受賞者を「DFGライプニッツ講演会」を通じて紹介します。2019年3月、フォアストは世界的に議論されている寛容の概念について東京と京都で講演します。同大学の若手研究者二人もそれぞれ「人権」と「イスラムと表現の自由」について発表を行います。

国際ワークショップ「Invectivity: A New Paradigm in Cultural Studies?」が早稲田大学で開催

4月1・2日に早稲田大学で開催される国際ワークショップ「Invectivity: A New Paradigm in Cultural Studies?」にDFG大型助成プログラム: Collaborative Research Centreの"Invectivity. Constellations and Dynamics of disparagement" (SFB 1285ドレスデン工科大学)から5名が参加、発表します。尚、ドイツ研究振興協会(DFG)日本代表部はこの国際ワークショップ「Invectivity: A New Paradigm in Cultural Studies?」を後援しています。

エクセレンス戦略の選定結果

ドイツ国内大学のトップレベル研究の強化を図る連邦・州によるエクセレンス戦略において、新たなエクセレンス・クラスター(先端研究施設)が決定しました。国内外の学者と、連邦・州の学術関連省の大臣から構成されるエクセレンス委員会は、2018年9月27日、ボンで88件の申請から57件を助成対象のエクセレンス・クラスターとして選出しました。

デジタル画像研究からイラン高地研究まで多岐14領域にわたり、次の3年間で約 8,000万ユーロを拠出

プライオリティー・プログラム(SPP)に新たな14領域が2019年に加えられることが承認されました。プライオリティー・プログラムは、挑戦分野や新興分野において基盤的な科学的課題を研究することを目指しています。新しい領域は、提出された53件の候補からDFG評議員により選ばれました。通常に6年間助成されます。現在、合計98領域が助成されています。プライオリティー・プログラムでは早期キャリアサポートを特に重視しています。また、男女共同参画戦略の適用が求められています。

プレスリリース

Funding Atlas 2018 刊行ドイツでの公的資金研究に関する情報

7月5日に新しく刊行されたFunding Atlas 2018が発表されました。英語版は2019年、第2四半期に公開予定です。DFG Funding Atlasは、3年ごとに発行され、ドイツでの公的資金研究に関する情報を包括的に、題目別に掲載しています。題目分野別の詳細な分析により、ドイツの大学の第三者資金調達力を示しており一般的な大学ランキング以上に大学の研究力比較の基盤となりえます。

DFGとフラウンホーファーが研究移転における連携を強化パイロット・イニシアティブにより、連携プロジェクトが可能に

ドイツ研究振興協会(DFG)とフラウンホーファー研究機構は、研究移転の分野における連携を強化することになりました。これにより、基礎研究から応用への移行をよりスムーズに進める三者間の連携プロジェクトの公募が行われます。今回、この連携の枠組みに関して両者の間で合意が交わされました。

エクセレンス戦略の選定結果エクセレンス委員会が最終選考で57のエクセレンス・クラスターを選出

ドイツ国内大学のトップレベル研究の強化を図る連邦・州によるエクセレンス戦略において、新たなエクセレンス・クラスター(先端研究施設)が決定しました。国内外の学者と、連邦・州の学術関連省の大臣から構成されるエクセレンス委員会は、2018年9月27日、ボンで88件の申請から57件を助成対象のエクセレンス・クラスターとして選出しました。

採択報告

プライオリティー・プログラム新たに14領域はデジタル画像研究からイラン高地研究まで多岐にわたり、次の3年間で約 8,000万ユーロを拠出

プライオリティー・プログラム(SPP)に新たな14領域が2019年に加えられることが承認されました。プライオリティー・プログラムは、挑戦分野や新興分野において基盤的な科学的課題を研究することを目指しています。新しい領域は、提出された53件の候補からDFG評議員により選ばれました。通常に6年間助成されます。現在、合計98領域が助成されています。プライオリティー・プログラムでは早期キャリアサポートを特に重視しています。また、男女共同参画戦略の適用が求められています。

協力研究センター新たに14件領域は生命の発生の研究から核酸免疫研究まで多岐にわたり、次の4年間で約 1億6,400万ユーロを助成

大学でのトップレベル研究をさらに支援する為、14件の協力研究センター(CRC)がボンで開催された春季助成委員会で新たに承認されました。2018年7月1日から4年間で約1億6,400万ユーロの資金が提供されます(含22%の間接経費)。6件はCRC / Transregioであり、複数の大学に跨るものです。2018年7月現在、DFGは合計274の協力研究センターを分野を問わずまた、様々なセンター構成に対応する形で助成ています。CRCは、研究者が革新的な複雑で長期に亘る研究を追求することを可能にし、同時に研究者が在籍する研究機関の発展を支援するものです。件数は今回14件が追加でプログラム創設1968年以来、50周年目にして、節目となる1,000件を超しました。

大学院プログラム領域は人間・機械の知能研究から抗がん剤薬物送達システム研究まで多岐にわたり、次の4.5年間で約 7,000万ユーロを助成

キャリア初期の研究者をさらに支援するため、15の新しい大学院プログラム(RTG)を設置します。新しいRTGには、2018年10月からの4.5年間に約7,000万ユーロが助成されます。15件の内、3件は中国・アメリカとの国際共同大学院プログラム(IRTG)です。大学院プログラムは、博士課程研究者が体系化された研究と学位取得プログラムで博士論文を完成させる機会を提供しています。 DFGは現在合計216のRTGを助成しており、そのうち41件がIRTGです

2018年ゴットフリート ヴィルヘルム ライプニッツ賞

2018年は10件11名のライプニッツ賞受賞者が136名の候補者から選ばれました。男性7名、女性4名で、分野別では自然科学3件、人文・社会科学3件、生命科学2件、工学2件となりました。それぞれに向う7年間に250万ユーロが渡されます(1件で2名の研究者が選ばれた件では、250万ユーロは研究者らに等分されます)。授与式は3月19日ベルリンで開催されました。

アンティ・ボエティウス教授

アンティ・ボエティウスが2018年周知功労賞を獲得

今年の周知功労賞(Communicator Award)はDFGとドイツ研究財団連盟から海洋学者で地球微生物学者のアンティ・ボエティウス教授(ブレーメン大学大学、アルフレッドウェゲナー極地海洋研究所所長)に授与された。深海と極域研究の多面的で長期的な周知活動に加え、研究システムや科学コミュニケーション全般への貢献が認められ€50,000が渡された。

2018年ハインツ マイヤー ライプニッツ賞

ドイツの若手研究者に対する最も重要な賞とされるハインツ マイヤー ライプニッツ賞が今年も10名に授与されました。受賞者はDFGと連邦教育研究省(Federal Ministry of Education and Research, BMBF)の指名で構成されたボンの選考委員会で選ばれました。受賞者には5月29日ベルリンで€20,000が手渡されます。

25日に東京、29日に京都でDFGライプニッツ講演会「哲学」開催

フランクフルト大学の政治哲学者ライナー・フォアスト教授が2019年3月に初めて来日します。フォアストは現代政治哲学研究への影響力の大きさを高く評価され、2012年にDFGのゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ賞を受賞しました。2019年3月、世界的に議論されている寛容の概念について東京と京都で講演します。同大学の若手研究者二人も「人権」と「イスラムと表現の自由」について発表を行います。DFG日本代表部は世界的に著名なライプニッツ賞受賞者を「DFGライプニッツ講演会」を通じて紹介します。

国際ワークショップ「Invectivity: A New Paradigm in Cultural Studies?」が早稲田大学で開催

4月1・2日に早稲田大学で開催される国際ワークショップ「Invectivity: A New Paradigm in Cultural Studies?」にDFG大型助成プログラム: Collaborative Research Centreの"Invectivity. Constellations and Dynamics of disparagement" (SFB 1285ドレスデン工科大学)から5名が参加、発表します。尚、ドイツ研究振興協会(DFG)日本代表部はこの国際ワークショップ「Invectivity: A New Paradigm in Cultural Studies?」を後援しています。

2018年6月4日に記念講演、北九州

2009年にライプニッツ賞を受賞したフライブルク大学工学部計算機科学科自律知能システム研究室、教授ヴォルフラム・ブルガード先生がROBOMECH2018で特別講演を行います。
講演は2018年6月4日、17:00~18:00にROBOMECH2018が開催される北九州観光コンベンション協会国際会議場(小倉)で行われます。

DFGの国外事務所

ワシントン、ニューヨーク、モスクワ、ニューデリー、東京、サンパウロの国外事務所、また北京の中国・ドイツ研究振興センターを拠点に、世界中の研究先進地域で活動の場を広げ、研究者の連携強化と各国の助成期間との関係増強を図っています。

助成プログラム

DFGは科学の全分野において研究を支援しています。個々のプロジェクトや研究連携の助成、優れた研究成果に対する賞の授与、研究インフラの支援などがあります。若手からキャリアを積んだ研究者まで幅広い研究者を対象とし、とくに、若手研究者の早期自立と学界における機会均等に力を入れています。

パートナー機関

DFGは、様々な助成プログラムにおいて、日本の提携機関とともに研究の連携を支援しています。この支援は相互分担の原則に従って行われ、ドイツの研究機関に籍を置く研究者はDFGが、日本の研究機関に籍を置く研究者は日本の助成機関が担当します。