下層ナビゲーション

オイゲン&イルゼ・ザイボルト賞

オイゲン&イルゼ・ザイボルト賞は日本とドイツの相互理解や学術振興に貢献した優秀な研究者に贈られる賞です。ドイツと日本から研究者が1名ずつ選出され、それぞれに副賞賞金1万ユーロが贈呈されます。例外的に研究チームに贈呈されることもあります。この賞は隔年、分野を問わず、優れた学術業績に対し授与され、人文・社会科学と自然科学、生物学、工学、医学の2つの分野に分けて毎回交互に選考が行われ、2015年は法学や経済学を含んだ人文・社会科学が対象でした。この賞によって、研究者の功績が称えられ、また優秀で卓越した研究を行っている若手研究者の意欲が掻き立てられることとなるでしょう。

この賞の賞金はオイゲン&イルゼ・ザイボルト基金より交付されています。オイゲン&イルゼ・ザイボルト基金とは、1980年から1985年までDFGの会長に就いていた海洋生物学者のオイゲン・ザイボルト教授がアメリカ人環境保護活動家のレスター・ブラウン氏と共に1994年に日本の旭硝子財団が創設したブループラネット賞を受賞した際受け取った40万ユーロという世界的にも賞金額の高い環境賞の副賞の中から妻のイルゼ博士と資金として15万ユーロを寄付することで創設しました。この基金はドイツと日本の研究と理解の促進を高める事に寄与しています。


推薦と授賞者の選出について

推薦機関、推薦者

  • ドイツ日本研究所
  • ドイツ語圏日本学術振興会研究者同窓会
  • ドイツ語圏日本研究学会
  • ベルリン日独センター
  • ケルン日本文化会館
  • 日本学術振興会
  • ヨーロッパ日本研究協会
  • 独日法律家協会
  • アレクサンダー・フォン・フンボルト財団
  • ドイツ学術交流会
  • マックス・プランク学術振興協会
  • ドイツ研究センターヘルムホルツ協会
  • 過去の受賞者

賞は第三者からの推薦により選出され、受賞者にはDFGより個別にザイボルト賞受賞、ならびに授賞式への招待状が送られます。

授賞者の選出は審査委員会により行われ、審査委員会はDFGの副会長が委員長を務め、アレクサンダー・フォン・フンボルト財団の事務総長は審査員の一員です。審査委員は賞ごとに入れ替えが行われます。

補足情報

© 2010-2017 DFG 最終更新日: 2015/12/28サイトマップ  |  本サイトについて  |  問い合わせ

文字サイズとコントラスト