メインナビゲーションにジャンプ コンテンツへ直にジャンプ

ロゴ:ドイツ研究振興協会(DFG) トップページへ Deutsche Forschungsgemeinschaft

banner: Kopfbereich DFG2020 Logo - englisch Because research matters

DFGはフランスと日本のパートナー機関と共同研究支援:人工知能分野で9件の研究プロジェクトを助成

3年間で助成総額約700万ユーロ/人工知能分野の研究に対するDFGの戦略的なイニシアティブ強化に向けた3カ国共同研究支援

ドイツ研究振興協会(DFG)はフランス国立研究機構(ANR)と科学技術振興機構(JST)と共同で人工知能分野での9件の研究支援を行います。DFGの協議会とANRとJSTの審査委員会は国際的な専門家の所見に基づき、申請があった36件の研究プロジェクトの中から9件の採択を決定しました。3カ国からの研究者が協力して行うこの共同研究には、日独仏の助成機関から事業全体に約700万ユーロの資金が3年間にわたり提供されます。DFGでは研究者がドイツ国内で必要とする研究費にあたる約240万ユーロを、ANRとJSTもDFGと同様にそれぞれ自国での研究費を出資します。

2019年の4月にDFG 、ANR、JSTは研究の卓越性だけでなく、類似する価値観に基づいて、人工知能の共同研究の公募、助成を行うための基本合意書を締結しました。各助成機関は、人工知能が世界的に重要な分野であり、複数国でのアプローチが優れた取り組みになりうる点で共同での公募が最適という確信があり、今回の共同研究では、基礎的な方法論的アプローチ、自動的な意思決定のシステム、人と人工知能のシステムの相互作用のアプローチに対する研究課題に焦点が当てられます。

2019年7月にDFG、ANR、JSTは3カ国での分野横断的な研究プロジェクトの公募を開始し、新型コロナウィルス感染症の世界的流行により本来の予定より変更となりましたが、2020年9月2日にオンラインでの査読審査委員会を開催、各国から選出された4名の審査委員により36件の申請の審査が行われました。

採択が決定した9件の研究プロジェクトについては、2020年11月16日にオンラインで開催される人工知能に関する日仏独のキックオフシンポジウムで取り上げられる予定です。今回の3カ国での共同研究は、DFGが行っている人工知能分野での研究促進を目的とした事業のうちの一つです。戦略的イニシアティブの枠組みとして、DFGは2022年までに人工知能研究に関する全ての分野に対し、様々なプロジェクト支援を行う予定です。

9件の共同研究プロジェクト

(DFGが受け持つドイツの高等教育機関所在地のアルファベット順)

“User-Adaptive Artificial Intelligence for Human-Computer Interaction” (Project leader: Professor Dr. Elisabeth André, University of Augsburg; Professor Dr. Jean-Claude Martin, Centre National de la Recherche Scientifique (CNRS), Orsay; Dr. Yukiko Nakano, Research Institute of Science and Technology for Society, Saitama)

“Research on Real-Time Compliance Mechanisms for AI” (Project leader: Professor Dr. Adrian Paschke, FU Berlin; Professor Dr. Jean-Gabriel Ganascia, Sorbonne University; Professor Dr. Ken Satoh, National Institute of Informatics, Tokyo)

“Knowledge-enhanced information extraction across languages for pharmacovigilance” (Project leader: Professor Dr.-Ing. Sebastian Möller, TU Berlin; Dr. Pierre Zweigenbaum, Laboratoire d’Informatique pour la Mécanique et les Sciences de l’Ingénieur (LIMSI), Universitaire d’Orsay; Professor Dr. Yuji Matsumoto, Nara Institute of Science and Technology, Ikoma)

“Artificial Intelligence for Human-Robot Interaction” (Project leader: Professor Dr. Michael Beetz Ph.D., University of Bremen; Dr. Aurélie Clodic, Laboratoire d’Analyse et d’Architecture des Systèmes (LAAS-CNRS), Toulouse; Dr. Takayuki Kanda, University of Kyoto)

“AI empowered general purpose assistive robotic system for dexterous object manipulation through embodied teleoperation and shared control” (Project leader: Professor Jan Reinhard Peters Ph.D., TU Darmstadt; Professor Dr. Liming Chen Ph.D., Ecole Centrale Lyon; Professor Dr. Yasuhisa Hasegawa, University of Nagoya)

“AI for Ageing Societies: From Basic Concepts to Practical Tools for AI-Facilitated Cognitive Training” (Project leader: Professor Dr. Tonio Ball, University Medical Center Freiburg; Alexandre Gramfort Ph.D., The French National Institute for Research in Computer Science and Control, INRIA Saclay – Ile de France; Dr. Mihoko Otake-Matsuura, Center for Advanced Intelligence Project, Riken)

“Enhanced data stream analysis: combining the signature method and machine learning algorithms” (Project leader: Professor Dr. Joscha Diehl, University of Greifswald; Professor Dr. Marianne Clausel, Université de Lorraine; Dr. Nozomi Sugiura, Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology JAMSTEC, Kanagawa)

“Understanding and Creating Dynamic 3D Worlds towards Safer AI” (Project leader: Professor Dr. Carsten Rother, University of Heidelberg; Dr. David Picard, École des Ponts ParisTech; Professor Dr. Ko Nishino, University of Kyoto)

“Learning Cyclotron” (Project leader: Professor Dr. Andreas Dengel, Professor Dr. Jochen Kuhn, TU Kaiserslautern; Professor Dr. Laurence Devillers, Centre National de la Recherche Scientifique (CNRS); Professor Dr. Koichi Kise, University of Osaka)