メインナビゲーションにジャンプ コンテンツへ直にジャンプ

ロゴ:ドイツ研究振興協会(DFG) トップページへ Deutsche Forschungsgemeinschaft

banner: Kopfbereich DFG2020 Logo - englisch Because research matters

「オイゲン&イルゼ・ザイボルト賞 2020」は日本とドイツの研究者4名に

DFGは日独間学術・文化交流の賞の受賞者4名を選出/賞、最後の授与/授受はコロナウイルスパンデミックのため2021年まで延期

2020年、オイゲン&イルゼ・ザイボルト賞はドイツ研究振興協会(DFG)から日独間の学術交流や文化交流に長年にわたり貢献されている4名の研究者、ミュンヘン工科大学の井上茂義教授(化学)、ボーフム大学のレギーネ・マティアス教授(日本学)、マックスプランク(MPI)固体研究所(シュトゥットガルト)の高木英典教授(物性物理学)、京都大学の高山佳奈子教授(法学)に授与されます。そして、今回は副賞として15,000ユーロがそれぞれに贈呈されまさす。ザイボルト賞は、1997年にザイボルト教授夫妻が寄付した基金が今年度、運用の終了を迎えるため、今回が最後の授与となります。

審査員は、学術のグローバル化という新たな現実を反映し、今回、ドイツの学術システムに定着している日本人研究者2名を選出しました。DFGの副会長で審査委員長のユリカ・グリーム教授は、「4名の選出により、DFGが今一度日独の協力に対し強力な推進力をもたらす」と述べ「日独関係に特に力を入れている学術的に優れたアンサンブルを選択し、また、2名の優秀な女性を擁し、DFGの研究における男女共同参画基準にも沿う結果となったと確信している」とした。コロナウイルスパンデミックのため、ザイボルト賞は来年以降手渡されます。

井上茂義先生は、ドイツと日本の交流と協力の促進に尽力されている研究者であることをDFGは評します。1980年愛知県生まれ。アレクサンダー・フォン・フンボルト財団と日本学術振興会のフェローシップを受け、2008年からドイツに。2015年、ミュンヘン工科大学でシリコン化学分野の教授に。2014年には、NHC安定化シリリウミリデンイオンの合成と触媒応用に関する研究でERCスターティンググラントを獲得。ドイツと日本の学術・産業界の若手実務者が双方の国の研究機関を知るためのBMBFの「ジュニアエキスパートプログラム(JEX)」にも同行。

ボーフム大学(Ruhr-Universität Bochum)名誉教授であるレギーネ・マティアス先生は、長年の研究活動の中で、ドイツと日本の交流と協力の促進に積極的に取り組んでこられました。近代日本の日常史を研究することで両国への理解を広げ、エキゾチシズム化は避け、グローバルな歴史的文脈の中での位置づけから日本を研究。また、日独科学文化交流振興財団(JaDe Stiftung)理事会、マックス・ウェーバー財団評議会、他各種委員会に参加するなど、若手研究者の振興にも尽力。2008年から2015年までDFG審査員を務める。現在は、アルザス日本研究センターで日本図書館の設立に取り組んでいる。

高木英典先生は、物性物理学の分野での多くの貢献は、ドイツと日本の両方でよく知られるところです。金属絶縁体転移、高温超伝導、量子磁性に関する画期的な研究を発表。理化学研究所での研究活動、東京大学の教授を経て、2013年にシュトゥットガルトのマックスプランク固体研究所に所長として移り、日本人として初めてシュトゥットガルト大学でアレクサンダー・フォン・フンボルト・プロフェッサーシップを授与される。高木先生はIBM科学賞をはじめ、いくつもの賞を受賞しており、アメリカ物理学会フェローでもあります。現在も教授として兼務する東京大学とMPIの研究グループの緊密なパートナーシップにも携わり、日独連携協力に尽力。このパートナーシップでは、共同研究プロジェクト、科学者の交流、年に一度のワークショップ開催などが進行。

高山佳奈子先生は、2005年、日本で最も若い女性法学部教授の一人として京都大学に赴任しました。研究テーマは、刑事訴訟に参加する一般市民への配慮の重要性、日本の高齢犯罪者、刺青に係る刑事罰。1998年にアレクサンダー・フォン・フンボルト財団の助成を受け、ケルン大学で2年間の研究生活を送る。以後、法曹界の後輩研究者を対象とした日独会議の開催やフンボルト財団同窓会の活動を行っている。また、国際、ドイツ、日本の学会にも多数所属しており、日本学術会議のメンバーとしても活躍。その功績が認められ、フィリップ・フランツ・フォン・ジーボルト賞(2018年)や、ドイツ連邦共和国 功労十字勲章小授章(2006年)を受賞するなど、多くの賞を受賞。