メインナビゲーションにジャンプ コンテンツへ直にジャンプ

ロゴ:ドイツ研究振興協会(DFG) トップページへ Deutsche Forschungsgemeinschaft

STSフォーラムの第11回年次総会と第5回Funding Agency Presidents’ Meeting (FAPM)(京都)

会合の概要

FAPMで世界各国の助成機関が「人文系を含む多分野協力によるプロジェクト推進」、「研究データのオープン化」について議論。

今年は10月5日と6日に行われた科学技術と未来に関するSTSフォーラムにDFG副会長フランク・アルゲバー教授(Professor Dr.-Ing. Frank Allgöwer)とDFG国際交流部 ヨォーク・シュナイダー部長(Dr. Jörg Schneider)が出席しました。

ドイツ研究振興協会(DFG)と科学技術振興機構(JST)はSTSフォーラムの年次総会の一環として定例となっている、第5回Funding Agency Presidents’ Meeting(FAPM)を10月6日に開催しました。DFGアルゲバー副会長と科学技術振興機構(JST)中村道治理事長が議長となり、出席した世界各国27の助成機関の代表者が「人文系を含む多分野協力によるプロジェクト推進」、「研究データのオープン化」について有意義な議論を繰り広げました。