メインナビゲーションにジャンプ コンテンツへ直にジャンプ

ロゴ:ドイツ研究振興協会(DFG) トップページへ Deutsche Forschungsgemeinschaft

ニュース  | 2014



第4. 四半期 2014

DFG副会長フランク・アルゲバー教授と国際交流部ヨォーク・シュナイダー部長が第5回FAPMに出席

STSフォーラムの第11回年次総会と第5回Funding Agency Presidents’ Meeting (FAPM)(京都)

(2014年10月5/6日)DFGと科学技術振興機構(JST)はSTSフォーラムの第11回年次総会の一環として定例となっている、第5回Funding Agency Presidents’ Meeting(FAPM)を10月6日に開催しました。世界各国の助成機関が「人文系を含む多分野協力によるプロジェクト推進」、「研究データのオープン化」について議論。


 

第3. 四半期 2014

集合写真

男女共同参画、多様性と機会均等、仕事と生活の調和

ドイツ研究振興協会(DFG)日本代表部は2014年9月20日本大学、津田塾大学、東京都市大学(共催:上智学院男女共同参画室、ドイツ 科学・イノベーション フォーラム 東京、後援:独立行政法人科学技術振興機構、ドイツ連邦共和国大使館)とともに日独国際シンポジウム「学術研究職におけるジェンダー」を開催しました。


 

第2. 四半期 2014

集合写真 第6回ドイツ・イノベーション・アワード授賞式

第6回ドイツ・イノベーション・アワード授賞式にて副賞の授与

(2014年6月18日)第6回ドイツ・イノベーション・アワード「ゴットフリード・ワグネル賞2014」授賞式がパレスホテル東京にて行われました。DFG日本代表部代表のヴォルフガング・フォイトは式典にてドイツ研究振興協会を代表してドイツ学術交流会(DAAD)と副賞のドイツで研究滞在するための助成金を受賞者に手渡しました。


 

第1. 四半期 2014

理研・マックスプランク協会 研究協力30周年記念式典

理研・マックスプランク協会 研究協力30周年記念式典

(2014年2月26日)理化学研究所(理研)・マックスプランク協会 研究協力30周年記念式典が日本工業倶楽部にて行われました。DFG日本代表部代表のヴォルフガング・フォイトが式典の意見交換会の場における乾杯の挨拶の依頼を受け、今後益々の日独研究協力の発展を願い挨拶としました。


 

DFGのニュース