メインナビゲーションにジャンプ コンテンツへ直にジャンプ

ロゴ:ドイツ研究振興協会(DFG) トップページへ Deutsche Forschungsgemeinschaft

ニュース  | 2010



第4. 四半期 2010

パネルディスカッションの様子。

DFGの分野横断型ワークショップ(東京)

(2010年10月6日)ドイツの連邦外務省と連邦教育・研究省の構想・協賛による組織「ドイツ科学・イノベーションフォーラム東京(DWIH東京)」の設立に際して、DFGは分野横断型ワークショップ「Linking Neuroscience to Robotics: How Complex Machines Benefit from Brain Theory」を実施しました(東京)。

「Funding Agencies Presidents’ Meeting」で進行役を務めたDFGのクライナー会長とJSTの北澤理事長

STSフォーラムにて初の「Funding Agencies Presidents’ Meeting」

(2010年10月4日)京都でSTSフォーラムにて初の「Funding Agencies Presidents’ Meeting」が開催され、DFGのマティアス・クライナー会長(Professor Dr.-Ing. Matthias Kleiner)と科学技術振興機構(JST)の北澤宏一理事長がともに座長を務めました。

調印した覚書

DFG・BMBF・JSTの「計算論的神経科学」分野における共同イニシアティブ

(2010年10月4日)ドイツ連邦教育・研究省のゲオルク・シュッテ次官(Dr. Georg Schütte)、DFGのマティアス・クライナー会長(Professor Dr.-Ing. Matthias Kleiner)、JSTの北澤宏一理事長、STSフォーラム(京都)の場において、研究交流実施の覚書に調印しました。3機関は今後、日独の研究者が「計算論的神経科学」分野における共同研究プロジェクトを実施できるよう支援を行っていきます。


 

第2. 四半期 2010

JST主催のシンポジウム「グリーン・イノベーション」のパネルセッション。

ショルツ=ライター副会長がJST主催の国際シンポジウムでプレゼン

(2010年5月14〜19日)DFGのベルント・ショルツ=ライター副会長(Professor Dr.-Ing. Bernd Scholz-Reiter)が訪日、科学技術振興機構(JST)主催の国際シンポジウム「Green Innovation・低炭素社会を目指すイノベーション促進のための国際協力」(5月17日、東京)のパネルディスカッション「International Cooperation as a Key Element for Promoting Excellence in Research」に参加しました。

パネルディスカッション「日独若手研究者の早期自立」

DFGが日本代表部設立1周年記念式典を開催

(2010年4月14日)DFGは日本代表部の設立1周年を記念してパネルディスカッションとそれに続くレセプションを開催しました。この催し物には日本の学界や政界から140名以上の参加者が訪れました。


 

第1. 四半期 2010

「Cooperative Technology in Future: Cognitive Technical Systems」をテーマとしたDFG/JSPS共催の日独ラウンドテーブル

DFGとJSPSの日独ラウンドテーブル(東京)

(2009年2月9・10日)「Cooperative Technology in Future: Cognitive Technical Systems」をテーマとする日独ラウンドテーブルがDFGと日本学術振興会(JSPS)によって共催され、両国の30名を超える研究者(若手研究者が半数)により研究発表とディスカッションが行われました。


 

DFGのニュース

© 2010-2018 by DFG
印刷用ページ