メインナビゲーションにジャンプ コンテンツへ直にジャンプ

ロゴ:ドイツ研究振興協会(DFG) トップページへ Deutsche Forschungsgemeinschaft

フランクフルト大学のライナー・フォアスト教授が「寛容」、若手研究者二名がそれぞれ「人権」と「イスラムと表現の自由」について発表

25日に東京、29日に京都でDFGライプニッツ講演会「哲学」開催

フランクフルト大学のライナー・フォアスト教授が2019年3月に初めて来日します。
フランクフルト大学、ニューヨーク州立大学、ハーバード大学で哲学、政治学を学び、現代の著名な哲学者・政治学者・社会学者のユルゲン・ハーバーマス、ジョン・ロールズ、アクセル・ホネットのもとで研究を行ったフォアストは現代政治哲学研究への影響力の大きさを高く評価され、2012年にドイツ研究振興協会(DFG)のゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ賞を受賞しました。DFG日本代表部は世界的に著名なライプニッツ賞受賞者を「DFGライプニッツ講演会」を通じて紹介します。
フォアストはその研究成果が特に欧米で高い評価を得ている「DFGエクセレンス・クラスターNormative Orders」の共同ダイレクターでもあり、多くの出版委員会でも活躍しています。2019年3月、世界的に議論されている寛容の概念について東京と京都で講演します。同大学の若手研究者二人もそれぞれ「人権」と「イスラムと表現の自由」について発表を行います。

スピーカー

エファ・ブッテンベルクの写真

Dr. Eva Buddeberg

Political Theory and Philosophy,
Johann Wolfgang Goethe-Universität Frankfurt

マフムード・バッシオーニの写真

Dr. Mahmoud Bassiouni

Political Theory and Philosophy,
Johann Wolfgang Goethe-Universität Frankfurt


講演会 東京 3月25日

プログラム

ライナー・フォアスト講演「寛容—―論争的概念を分析するために」
Prof. Dr. Rainer Forst „Toleranz. Zur Anatomie eines umstrittenen Begriffs“

日程  2019年3月25日(月)16:30~17:55
会場  明治大学駿河台キャンパス、グローバルフロント1階、多目的室
共催  ドイツ研究振興協会(DFG)、明治大学情報コミュニケーション学部
    ゲーテ・インスティトゥート東京
後援  ドイツ 科学・イノベーション フォーラム 東京
言語  ドイツ語、原稿の日本語訳を配布します、デイスカッション逐次通訳あり

おおよその人数を把握するためお申し込みをお願いいたしますが、お申し込みいただかなくても講演会にご参加いただけます。


日独ワークショップ 東京 3月26日

プログラム

エファ・ブッデベルク発表「人権――実際の進歩を根拠づけるものか、あるいは未来への責務を根拠づけるものか(道徳的進歩がどのように理解されるべきかについて私たちがカントから学びうること)」
Dr. Eva Buddeberg (Goethe University Frankfurt)

マフムード・バッシオーニ発表「ムスリムが容認しなければならない表現の自由とは、どの程度のものか?」
Dr. Mahmoud Bassiouni (Goethe University Frankfurt)

田畑 真一(千葉大学)発表「Collective learning process and ethical-political discourse
Dr. Shinichi Tabata (Chiba University)

田原 彰太郎(茨城大学)発表「Autonomy and moral coercion
Dr. Shotaro Tahara  (Ibaraki University)

デイスカッション《コメンテーター:ライナー・フォアスト》

日程   2019年3月26日(火)13:00~17:50
会場   3号館の第一会議室、早稲田キャンパス、早稲田大学
共催   ドイツ研究振興協会(DFG)、早稲田大学現代政治経済研究所
参加対象 研究者限定
言語   英語、原稿の日本語訳を配布します


講演会 京都 3月29日

プログラム

ライナー・フォアスト講演「寛容—―論争的概念を分析するために」
Prof. Dr. Rainer Forst „Toleranz. Zur Anatomie eines umstrittenen Begriffs“

エファ・ブッデベルク発表「人権――実際の進歩を根拠づけるものか、あるいは未来への責務を根拠づけるものか(道徳的進歩がどのように理解されるべきかについて私たちがカントから学びうること)」
Dr. Eva Buddeberg "Menschenrechte – Beleg für einen tatsächlichen Fortschritt oder Verpflichtung für die Zukunft? Was wir von Kant lernen können, wie moralischer Fortschritt zu verstehen ist"

マフムード・バッシオーニ発表「ムスリムが容認しなければならない表現の自由とは、どの程度のものか?」
Dr. Mahmoud Bassiouni „Wie viel Meinungsfreiheit müssen Muslime tolerieren?“

パネルディスカッション(スピーカー全員)

日程  2019年3月29日(金)13:00~17:00
会場  立命館大学創思館カンファレンスルーム
共催  ドイツ研究振興協会(DFG)、立命館大学産業社会学会、ゲーテ・インスティトゥート東京
後援  ドイツ 科学・イノベーション フォーラム 東京
言語  ドイツ語、原稿の日本語訳を配布します、デイスカッション逐次通訳あり

おおよその人数を把握するためお申し込みをお願いいたしますが、お申し込みいただかなくても講演会にご参加いただけます。

お問い合わせ

メール Link auf E-Mailjapan@dfg.de(Myra Bauersachs 宛)
電話  03-3589-2508(Myra Bauersachs、長谷彩希 宛)

ゴットフリート ヴィルヘルム ライプニッツ賞について

「ドイツのノーベル賞」とも言われる権威あるゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ賞はドイツではライプニッツ賞として広く知られています。1985年に創設され、2015年には30周年を迎えました。毎年最大10名、ドイツに研究活動拠点を置き各分野で活躍する特に優れた研究者が選ばれ、それぞれに250万ユーロ(約3億円)が授与されるドイツの科学界の最大の賞です。